Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Crossing the Finish Line
b0058765_058123.jpg

Kannon
76.2 cm X 60.96 cm
アクリルペイント/蝋/墨汁


無事に学期末テストが終わりました。いつも学校の学期はマラソンに似ていると感じます。(.....と言っても走るのが苦手なので、あくまでも想像の範囲ですけれど)

学期の初日がスタートラインだとすると、開始からぶっ飛ばす人、ゆっくり自分のペースで進む人がいて、一人で走る人、グループで応援しあって走る人がいたり。

コースが平坦に思えたら、急な坂があって、終わりだと思ったら次の坂があって、途中で脱落する人や怪我をする人が出たり。

ゴールが見えてきたなと思って、角を曲がったら、最後に一番急な坂があって、泣き言を言いたくもなる気持ちになったりして。

でも、ちょっとペースが遅くなっても、やっぱりがんばろうと最後の力を振り絞って走って。

有望だと言われた有名選手やベテラン選手が、体調不足で途中でリタイヤする事になったり。無名のランナーが1位になったり。

私はどんなマラソン選手かと言うと、日本人選手で環境の違うアメリカので走っていると言う感じ。慣れた日本の環境だったら、もっとスタスタと走れるだろうなと思いつつ、アメリカで走るからこそ学んで経験出来るイロイロがあるのだろうなと、ちょっと禅マスターちっくな事を思ったり。

その禅マスターランナーの私は、あぁ、あそこでペースを落とさなければ良かったなぁとか、あの時はこうしたら良かったなぁと思いつつ、ゴールを決めたわけです。

その後、暖かいブランケットをかけてもらって、その余韻を楽しむかのごとく、ゆっくり歩いています。

私はこうしてイロイロなマラソン大会に出ているわけだけれど、最終的には人生のゴールに向ってるのかなぁ~と思ったり。

さて、さて、これから私は3ヶ月の長いお休みに入ります。と言っても、うだうだ過ごすのではなく、アレやコレなどやる事がたくさんあるので効率良く過ごして行く予定です。

今日載せた作品は、母方の祖母とのコラボレーション。デジタルアートを手がけていますが、たまにはペイントをしてみたくなったのです。祖母は私が高校生の時に亡くなってしまったのですが、こうして祖母の作品と向き合う事によって、なんだか特別な時間が持てたような感じがしました。
[PR]
by ConnieWest | 2010-05-22 01:46 | Life in California
<< Amélie's Sk... Moving forward >>