Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
American Intellectual and Cultural History
b0058765_8435673.jpg

今学期、アメリカが宗教、科学、文学、芸術、哲学、政治等を通して、どのようにして現在のアメリカに至ったのか分析すると共に、それらが知的及び文化的にどう影響したかについて勉強するクラスを取っています。

おもしろいけれど、イロイロ調べるのにメッチャ時間がかかって、レポートなんかも結構ヘビーなので、授業が終わるとやたらアクビが出て、脳がマックスに疲れているのが分ります。でもって、夜ベットに入って寝る直前に、この授業の事を理解しようと考えだけで瞬間的に眠りに入る事が出来ます(笑)。

興味深いのは、時々これらについて高校生の子供達と話し合えること。私が学校で習った事を彼らと共有する事によって彼らの考え方や観点を理解出来るし、お互いの価値観についても話し合えるチャンスがあります。

夏休み中のことですが、大学受験を控えている娘と家族みんなで、とある私立大学の説明会へ行きました。その説明会で担当の人が、その大学がいかに素晴らしいかをアプローチする際にこう言いました。"例えばある高校生がいるとします。その彼の両親は二人とも大学教授なので、その彼は毎晩夕食時に二人の大学教授と知的な会話をしながら18年間過ごして来た訳です。そんな彼が我々の大学へ入ったら、彼の育ってきた高い教養と全く同じ環境で過ごす事が出来るのです。"

.....とか何とか言っていて、あっちゃっちゃ~、こんなお高い所に娘は行きたいのかいなと思ったら、彼女はその大学が好きだと思ったけれど、全然好きじゃない事が分ったと、その学校はメデタク彼女の選択から外れました。

両親共々大学教授の家の夕食時の会話レベルには程遠いですが、私レベルで学んだアレコレで子供達と共に夫も交えて大人の会話をして、彼らの若い意見を聞いたり、夫の意見を聞いたりするのは面白いので、ま、この授業大変だけれど、貴重な副産物を手に入れたって事で、今日も私はがんばるのでした。ははは~。









___________________________________________________________________
[PR]
by ConnieWest | 2010-10-06 09:40 | Life in California
<< The Local Grind Musume >>