Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Seize the Day
b0058765_10192569.jpg


アメリカは見かけだけではなく、宗教、バックグラウンド、考え方、あれや、これやが違う人が"コレでもか~"と言うくらい集まっています。

な~の~でぇ~、これは"こうでしょ?"と言う定義が当てはまらない場合があったり、"普通だったら~"とか、"これはこう言う風にするのが決まりでしょう~"とか、そう言うのも、"え?そうくるか"と言う展開になる事も多々あります。

で、日本人の私は、"えぇぇぇ~?おかしいじゃん?"と思って、その"おかしいと感じた気持ち"を指摘する事もありますが、最終的に、NOと言えない訳ではないけれど、"和"を大切にしようとするせいか、自分の中に疑問として、なんとも言えない気持ちをも持つ事があります。

アメリカ史の先生がアメリカ人を定義する時に、"アメリカ人は失敗を失敗と思わない、そしてそれを忘れる事を特技としている"とある時に言った事があります。

なぜならば、アメリカと言う国はアメリカンインディアン以外は、全て他の国から来た様々な人たちで形成されているので、最初に移民としてアメリカに来た人たちが、例えば農業に従事したとして、その土地やら、環境やらに馴染まなかった場合(失敗した場合)、それを捨てて、他の選択を選んで生きていかなければならなかったので、次への切り替えがやたら早く、失敗を失敗と思わず、それらを忘れる考え方が、それぞれの子孫に影響しているらしいのです。

ところが、私は日本人だからか、個人的だからか、どちらかと言うと型にはまった生き方をしている傾向にあって、失敗やら、なんだか悔しい事があったりすると、それを完全に捨てきれずに、引きずって生きているなぁ~と思う事があります。

しばらく前に、"えぇぇぇ~?それって、絶対おかしいじゃん?"プラス"そんな事に合意する訳ないじゃん?"と言う、He Said, She Said、あーだ、こーだと二通りの意見が食い違う状況に遭遇する事があって、どう考えても、それはおかしいでしょう?的な事がありました。

長い話を超短くすると、我が家の子供達と同じ学校に通う近所の子供さんがいるのですが、我が家の子供達が学校に残って遅く帰る時に、時間が合う限りその子供さんも一緒に連れて帰って来てあげますよと、その子供さんの親に言ってあったのですが、我が家の子供達が学校に残らない日や時間が違う日も私にその子供さんのお迎えをしろと言われたのです。で、それが出来ないなら、朝も学校へ連れて行けとか、あーだー、こーだと言われて、え?私、無料のタクシーサービスですかい?って感じだったんですよぉぉぉ...

最終的には、当たり前に断ったのですが、あーだ、こーだと文句を言われて、なんだか後味がとても悪くて、うじうじした気持ちを引きずっていたのですよ。

しばらく。

で、その"うじうじモード"を引きずっている時に、スーパーに行って食料品を買った時の話なんですけれど(前置き長すぎ?)、会計を済ませて、レジの人が入れてくれたお店のプラスティックの買い物袋を取ろうとした時に、数枚の未使用の袋が一緒にくっついて来たのです。

レジの人がそれ見て、"あら、あなたこんなに袋を取っていかないでよ"と冗談でウィンクしながら言ったのですが、その時はうじうじモードを引きずっていたので、そんなジョークにもかまっていられなかったのです。

が、アメリカ生活も10年を過ぎているせいか、はたまた、そのおかげか、"あら、やめてよ。袋が私に連れてって、って言ってるんだもん、I can't help it! 私は何も出来ないわよ~"と言い返したのです。

その後、レジ係の人、私の次に並んでいた人、そして私も、みーんな"ははは~"と笑って、その場は過ぎたのですが、それがあった後、駐車場を歩いている時に、うじうじモードでいる事がなんてノンセンスなんだと感じたのです。

で、その時に、うじうじモードは忘れようと吹っ切れて、アメリカ人にはなれないけれど、"Seize the Day" 今をエンジョイしないともったいない!とすがすがしく思う気持ちになったのです。

私をうじうじモードにしてくれた人も、ウィンクしてジョークを言った人も、私のジョークに笑った人も、それぞれの度合いが違ったとしても、みーんな私が交流した人たち。

袖が振り合ったら、その後どうするかは、その人次第。

自分次第。










___________________________________________________________________
[PR]
by ConnieWest | 2011-03-11 11:30 | Life in California
<< The Governor of... Change >>