Top

July 2011
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
himawariちゃんとの有効な物々交換
b0058765_2212242.jpg
Happy Daysのhimawariちゃんから横浜マグを送ってもらい、私たちは有効な物々交換の第二段が必ずや近い将来に実現すると信じておりました。そして、その数ヵ月後、彼女は私の帰国を待って荷物を送ってくれました。

それは、東京タワーマグと沖縄マグ。東京タワーマグはhimawariちゃんが東京にお出かけした時に、そして沖縄マグはhimawariちゃんのご主人が、沖縄に出張された際に石垣島ラー油、生のシークーワーサー、そして久米島で作られたお味噌と、私のマグを買って来てくださいました。himawariちゃんに実際に会った時に、お礼を言ったら"あーそれは指令だから"と何気に言っていたのですが、ブログを再度読ませていただいたら、やっぱり"指令"って書いてありました(笑)。ご主人さま、ありがとうございました。

物々交換のメイングッズは、ネタバレですが、オマケに関してはサプライズ。himawariちゃんに、私が"ちぃ~!やられた~!"と驚喜の雄たけびを連呼する姿を実際に見てもらえないのが残念ですが、ウェブ上で叫びたいと思います(笑)。

b0058765_2221093.jpg
まずは、himawariちゃんのご主人のふるさと、徳島の郷土料理に使われるそば米。そう言えば、もろてん。のぽんちゃんは、これを鶏のヘルシーバーグにしていて、おいしそうでした。

そば米って、初めてお目にかかりましたが、これってhimawariちゃんが以前紹介していたスペルト小麦に似た風合いです。私の腕前では、スペルト小麦みたいにスープに煮込んだり、テキトーに炒めてアレンジしたり、ぐらいしか活用法が浮かびませんが、知り合いのロシア人が、そば米をお粥(porridge)にして食べると言っていたので、どんな風に展開できるか考えてみます。

b0058765_2225278.jpg
これは"しその風味だれ"。ぱっと見ると、抹茶風味の塩のようですが、塩ではなく、"しそから抽出された香りを解けやすい顆粒状にて、しその葉を加えた調味料"(瓶の表記による)だそうで、しそがどこでも入手できる状態ではないアメリカ暮らしにはピッタリ!しそドレッシング好きな娘も大喜びでした。

b0058765_223897.jpg
"ジャパーン"って叫びたくなる感じのコースター。こう言うジャパングッズって、日本がエキゾチックに感じる、郷ひろみ以外の人たちをエンターティンする時にピッタリなんですよね。

b0058765_2234477.jpg
ハローキティのお弁当箱入りクッキー。これって、himawariちゃんが、息子君の遠足でピューロランドに行った時にゲットして来てくれたのかな?キティ印の蕁麻疹は、もう治ったかしら(笑)?

b0058765_2235625.jpg
クッキーは食べちゃうのがもったいないくらいです。子供達と、"これはキティちゃんでしょ。で、これはママ。あーこれはパパで、ダニエルはどこー?"とエキサイトしながらいただきました。ちょっとシトラスな風味で、見た目だけでなく、味もかわいいキティでした。

b0058765_22477.jpg
そして、このラッピングに印刷された"照宝"の文字は、もしかしなくても中華街の調理道具のお店ですね!

b0058765_2241872.jpg
himawariちゃんが、中華街に行った時に、"餃子用のヘラと麺棒"を買ったと紹介していたので、"それを持ってアメリカに餃子を作りに来てくれー"とお願いしたのですが、自分で作れって事ですか?

それとも、伝授しに来てくれるに当たって、ヘラと麺棒を使いこなすようにと言う"指令"でしょうか?ふふふ♪さて、師匠、第三段はいつにしやしょうか?

トラックバック
日本からの小包
有効な物々交換友の会 part2

[PR]
by ConnieWest | 2005-07-22 02:00 | Japan
<< 刈谷ハイウェイオアシス Little Kevin >>