Top

July 2011
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Le Creuset Panini Press & Skillet Grill
b0058765_6495621.jpg
去年のクリスマスにサンタさんがプレゼントしてくれたギフト。本当にこの色で良かったのか迷う事10ヶ月。ギフトは未使用のまま、しばらく、ほったらかされておりました。

b0058765_6491325.jpg
色を交換するにも結局期限切れだし、それぢゃあイカン!と、箱を開けて10ヶ月ぶりにスキレットグリルパンとパニーニプレスと再会した私。顔を見たら、パニーニが食べたくなりました。なんてゲンキンな奴。

b0058765_6492716.jpg
ところが、何故かパニーニプレスの箱に説明書がなかったので(サンタさんにもらった時は、説明書が確かに入っていた)、まずググる私。お昼を過ぎて、お腹もグググとなりました。

私の記憶が正しければ、パニーニプレスは直接火にかけてOKだったはず。でもHeat it in a pan(スキレットグリルパンの中でプレスを温めろ)と書いてあるグルメショップサイトもあったので、Le Creuset USAに電話して、パニーニプレスの使用法を確認。

パニーニプレスは、ギザギザの面を"直接"火にかけてくださいとの事でした。ついでに頼んでもないのに説明書を翌日送付してくれると言うのです。アメリカで良くある怠慢なカスタマーサービスに慣れてしまった私には新鮮な対応でした。サンキュー♪

b0058765_6503998.jpg
スキレットグリルパンとパニーニプレスを並べて中火にかけて、待つ事約3分。その間、レンジの黒いエナメルと同化する2つのLe Creusetを見つめながら、やっぱりこの色で良いのか、また考えちゃう私。だって、だいたい、Le Creusetで一番困るのは、色を決める事なんだもん(そして次は何色にしようか、まだ悩み中)。

b0058765_6505278.jpg
スキレットグリルパンとパニーニプレスを温めている間、サンドイッチを作ります。私は火を入れたトマトが大好きなので、トマトを厚めに切って、Brown Sugar Hamと最近のお気に入りのセミソフト、だけどクリーミーなHavarti Cheeseを昨日ゲットしたばかりのサワードゥに挟みました。

b0058765_65134.jpg
サンドイッチの両面に軽くバターを塗り、スキレットグリルパンにおくと、"ジュワー"とバターが一瞬にして溶け、サンドイッチがパニーニにグレードアップされます。しばらくすると、チーズがスキレットグリルパンに溶け出して、なんとも芳ばしい香りが広がります。

b0058765_651138.jpg
とりあえずのパニーニ第一号はこんな感じ。サワードゥの表面はカリカリですが、決して乾いているわけでなく、中心部はモチモチ度を保っています。サワードゥからはみ出したハムの一部が、熱を持ったスキレットグリルパンとパニーニプレスと接触して、ほんのりと火が入り、そこだけキャラメライズされたのを発見した時は結構感動でした。

お腹も満足になって、宝の持ち腐れとは、まさにこの事だと、ちと反省。あー腐るプレゼントぢゃなくて良かったよ(笑)。

トラックバック
Le Creuset Panini Press

[PR]
by ConnieWest | 2005-10-11 06:47 | Life in America
<< アメリカの図書館の展示 Cozy Time@銀座 >>