Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
ロンドン #4
b0058765_6345574.jpg

ロンドンのスタバで何にしようか迷う私





でも、画像は私ではありません(笑)。ちなみにロンドンではマグを買いませんでした。だって、もぅ持ってるんだも~ん。

b0058765_635540.jpg

次なる目的地はテムズ河にかかるタワーブリッジ(Tower Bridge)。ここは現在でも活躍している跳ね橋です。1996年にクリントン大統領がロンドンでパレードをしている時に偶然にも跳ねが開いてしまったそう(wikipedia)。

b0058765_6351283.jpg

そのお隣はロンドン塔(Tower of London)。この塔は1066年にWilliam the Conqueror(ウィリアム征服王)がロンドンを外敵から守るために堅固な要塞の建設を命じたのが始まり。

b0058765_635226.jpg

ビーフィーター(Beefeater)と呼ばれるロンドン塔の衛兵隊(The Yeomen Warders)によるガイドツアーは大人気。ちなみに黒に赤いラインが入った衣装を着ているのが、ガイド役の衛兵。

b0058765_6352910.jpg

ヘンリー3世の為に建てられたThe Wakefield Tower。王様なので、MY礼拝所がついています。

b0058765_635369.jpg

The White Towerと呼ばれる建物には、英国の武器や兵器のコレクションが展示されていました。ここには銃だの、火薬だの、鎧だのがズラリ。観光があまり好きでない息子の目が輝いて、輝いて、それは、それはワクワクしていました(それに反して娘と私のテンションはドンゾコをつく位低かったです)。

ウィリアム、エドワード、ヘンリー、チャールズ、ジェームス...などなどの歴代の王様のお馬さんたち。馬まで飾ってもらえるなんて、やっぱり文化が違いますねぇ。

b0058765_6354350.jpg

徳川秀忠からジェームズ一世に贈られた鎧が展示されていました。400年前、遠い西の国から来た贈り物は、イギリスの人たちの目にどう映ったのでしょうか。

b0058765_6354913.jpg

The Waterloo Barracksの中の"The Jewel House"には戴冠式で使われる王冠、王笏、そして王権の象徴である宝珠(地球を表しているらしい)などが展示されています。

b0058765_1136401.jpg

1953年6月2日に行われたエリザエス女王2世の戴冠式で、世界最大530.20カラットのダイアモンド、アフリカの星(The First Star of Africa)が埋め込まれた王笏(sceptre)が使われました。

b0058765_11341569.jpg

このアフリカの星、Cullinan Ⅰ(1988年にユネスコ世界文化遺産に登録)には妹分がいるそうで、Cullinan Ⅱと呼ばれる317.4のダイアモンドは、エリザベス女王の王冠(ルビーの下)に埋め込まれているそうです(ダイアモンドだけあって、輝かしい姉妹だ事)。

b0058765_6355790.jpg

ロンドン塔では当時の衣装をまとった人たちによるパフォーマンスも行われていました。コレだけ見ると、気分だけでもタイムスリップした気になりました。

b0058765_636322.jpg

The Queen's Houseと呼ばれる上層階級者が処刑を待つ間滞在した場所は、現在ではGovernor of the Tower of London(ロンドン塔長官)の住宅になっているそうです。窓辺に"クマのぷーさん"(さすがはイギリス!)のぬいぐるみが置かれていたのが印象的でした。

しかしながら、ヘンリー8世の妻たち(2番目と5番目)が処刑されたり、数々の政治がらみの陰謀としか思えない投獄などが行われた要塞に住むのは、あまり気持ちの良いものではありません。

私自身はイギリスの歴史や文化に全然興味がなかったのですが、ロンドン塔を訪れて、実際にこの場所にいたであろう、歴代の王様や女王様などの背景などに付いて少し知りたくなりました。

つづく...

London Trip
ロンドン #1
ロンドン #2
ロンドン #3
ロンドン #5


b0058765_1010437.jpg

我が家の次男、Putt Puttのブログ
ちょっぴりノンビリモードみたいですが
良かったらしっぽをクリックして覗いてみてくださいね。


[PR]
by ConnieWest | 2006-07-05 20:24 | London
<< ロンドン #5 ロンドン #3 >>