Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
Adobe Illustrator CS2 作品その2
b0058765_10503231.gif

アドビ イラストレーターの作品その2





今回のお題は下記の通り

Design Principles and Art Elements
(主要デザインおよび芸術要素)

*Crop
レイアウトをデザインする際に必要なのは、不要な部分を切り取ること
オブジェの一部を切り取る事で、残りの部分に注目がフォーカスされます
訓練されたクロッピングは、作品にインパクトを与え、動きの表現を強調させ、そして劇的な効果を得る事が出来ます

*ブラシの線の流れ
オブジェをブラシツールを使って描きましょう
線の太さを選択する際に、それが与える印象について考えましょう
数あるブラシの線を使いこなす違いはなんでしょう?

*視点
あなた、または観客とオブジェとの視点の関係は?
あなたはオブジェをどこから見ていますか?まっすぐですか?下からですか?
あなたの視点は正面?背面?側面?
内部を覗く事ができますか?

作品を作る前に、クロッピングをしたオブジェの下書きを提出して、教授と相談した後、作品作りを進めていきます。ちなみに、この下絵は"Tombow Felt Tip Brush"を使えとの事。一瞬何のことかと思いましたが、それってトンボの筆ペンっ事でした。

ちなみに、ポートフォリオ(作品集)をキープするためのバインダーは"Ito-ya"を薦められました。それって伊東屋なんですよね。あっぱれ!ジャパーズ グッズ!!!

で、でぇー

作品2を作るに当たって、作品1と同じオブジェを使うようにお達しがありました。と、言うか、このセメスターで作る作品は、全て同じオブジェを使うようにとの事。

え?

え?

(((( ;゚Д゚)))えぇぇえええええええええええ???

ビーチサンダル(Flip Flops)に特に愛のない私は教授と掛け合って、他のオブジェに変えさせてくれと頼んだのですが

却下!

仕方ないのでサンダルの範囲で進めて行く事に決めました。

ところが、愛のない物質には、愛がわかないんですよねぇ。

どうしたもんだと思っていた時、ふと我が家の下駄コレクションに目が行きました。そこで、ブラシを使って作品を作るには、日本のサンダルで勝負だ!とひらめきました。

作品はほとんどをブラシツールと呼ばれる筆の風味をかもし出す線で仕上げ、ジャパニーズらしさを"これでもかっ!"ってくらい強調させました(私の売りは日本人だと言う事なんで←って言うかそれしかない)。

他の生徒の作品はブラシツールでオブジェのアウトラインを描いたりしただけだったりしましたが、筆使い一つで作品の雰囲気が変わるものだと勉強になりました。

下はサムネイルと呼ばれる下書きサンプル。

b0058765_3322630.jpg
b0058765_3323787.jpg
b0058765_3324979.jpg
b0058765_3325851.jpg


b0058765_3412853.gif

そう言えば、何か違うと思って気が付きました。実は最初に提出した時は、この片方バージョンで提出したのですが、最終的に作品集としてまとめた時に、やっぱり片一方ではいけないと思って一番上の画像のような二足そろってバージョンに変更したのでした。

この作品をクラスで発表した後、日本の姓を名乗るおぢさん生徒John Suzukiが私のところへやって来て"Do you know how to call this sandal?"(このサンダルなんて呼ぶか知ってる?)と聞くので、"YES! It's GETA"(はい!これは下駄です)って元気に答えたら、"No, no, it's Setta"(違う、違う、これは雪駄って言うんだよ)と教えてくれました。

"Oh, yes! I forgot about it."(あ、そうそう、忘れてました)って答えたら、"Did you know?"(知ってたの?)って聞くので、"YES! I'm Japanese!"(だって日本人だも~ん)と答えたら 、"Do you speak Japanese?"(日本語できるの?)って聞くので、"Ofcourse! I was born and raised in Japan!"(あたりめぇよ、生まれも育ちも日本でござい←寅さん風)に答えたら

"あんた日本人なの?"って日本語で聞かれました。

それってどうよ?

私、どう見てもジャパニーズだし、ジャパニーズが売りの作品作りだと思っていたのに(笑)。
[PR]
by ConnieWest | 2007-04-13 01:24 | -Illustrator
<< Adobe Illustra... Adobe Illustrat... >>