Top

July 2011
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
カテゴリ:Save The Earth( 6 )
アメリカ リサイクル事情 寄付について
b0058765_8252652.jpg
アメリカで車を運転していると、ショッピングセンターの駐車場の片隅に大型トラックのコンテイナーだけが鎮座しているのを見かける事があります。これは非営利団体の寄付受付窓口で、そこに家庭で不要になった、衣類や家電、そして家具などが持ち込めます。

b0058765_8253470.jpg
この寄付で集められた品物は、各団体で販売し、その売上は運営資金や、地元社会の貢献に役立てられています。また寄付する側は、寄付証明証を発行してもらえ、それがあると確定申告の際に寄付した額の何パーセントかが控除の対象になるのです。

有名どころの非営利団体はGoodwill, The Salvation Army, SPCA (The Society for the Prevention of Cruelty to Animals) で、それぞれがThriftshop(善意中古品店→リサイクルショップ)を運営しており、寄付で集まった商品を売っています。このリサイクルショップは、中古品だけでなく、時には大当たりのアンティークや、タグがついたままの新品の物が格安で手に入る機会もあったりするので、寄付しがてら、リサイクルショップを覗くのを楽しみにしています。

リサイクルショップの中はこんな感じです。

Tackback
地球お助け隊 1号さま
地球お助け隊 会報 3月31日号 

妹2号のリサイクルショップレポ
リサイクル


[PR]
by ConnieWest | 2006-03-29 16:29 | Save The Earth
アメリカ リサイクル事情 ワイン樽の場合
b0058765_242666.jpg
カリフォルニアワインで有名なナパとソノマ。実は我が家から日帰りで行ける範囲に位置しています。その恩恵を受けて、近くのスーパーでは園芸用に使用済みのワイン樽が売られているんですよ。どう見てもオシャレだし、良い香り。それに良く考えたら、これって究極のリサイクルで、"地球お助け隊"アイテムぢゃありませんか!これで今月はダブルで会報を載せるノルマが達成できました。気になる値段は$19です。

トラックバック
地球お助け隊 会報5月5日号

[PR]
by ConnieWest | 2005-05-06 02:41 | Save The Earth
アメリカ リサイクル事情 買い物袋の場合
b0058765_8483459.jpg
anuenuefactoryのビスケさんが"地球お助け隊"を結成して、メンバーが17名に増えました!ところが隊員2号の私ったら4月の月報をと思いつつ、気がつけばもう5月![(~∇、~;)ボケーっとしている場合じゃありませんね。隊長!今月は最低でも二つ報告しますから、許してぇぇ~!と、お願いをしたところで、今日は近所のスーパーにあるプラスチックの買い物袋専用のリサイクルについてご紹介します。

b0058765_8485035.jpg
このスーパーには入り口が二つあり、このようなプラスチックの買い物袋専用のリサイクルステーションが両入り口付近、つまり二箇所に設置されています。今回は地球にやさしい妹2号が、リサイクルしたくても彼女の家の近くにプラスティックの買い物袋のリサイクルする所がないとの事だったので、彼女の依頼により任務を果すごとくやってまいりました。

b0058765_849674.jpg
妹2号さま、お預かりしたプラスチックの買い物袋、入れさせていただきますよ。

b0058765_8491832.jpg
スト~ン!確認していただけましたでしょうか?また買い物袋が溜まりましたら、なんなりとお申し付けくださいませ。今日のリサイクルステーションは買い物袋の数が少なかったですが、いつもはいっぱい溜まっています。それだけリサイクルに対する姿勢が強いという事ですね。自分に出来ることからこれからも続けていきますですよ。

b0058765_8231556.jpg
数日後の買い物袋専用のリサイクルステーションは、買い物袋でいっぱいになっていました。

トラックバック
地球お助け隊 会報 4月28日号
ゴミ出し袋、どうしてます?
地球お助け隊 会報5月5日号 Q&A編

[PR]
by ConnieWest | 2005-05-03 08:48 | Save The Earth
アメリカ リサイクル事情 ダンボールの場合
b0058765_10464667.jpg
anuenuefactoryのビスケさんが"地球お助け隊"を結成して、私はメデタク隊員2号となって早1ヵ月経ちました。自分に出来ることからがコンセプトなので、押し付けがましくないのが、このグループの良い所。毎日のゴミ分別はしていますが、特に目立った活動はしていないので、今日は3月の報告を兼ねてアメリカリサイクル話をご紹介します。

b0058765_10471729.jpg
アメリカのリサイクル事情は各自治体によって異なります。私の住んでいる地区を例にあげると、ここでは一般ゴミ、庭のゴミ、そしてリサイクルの3種類に分けられてゴミが収集されています。これらは市が無料で配布してくれる指定ゴミ箱に入れなければいけませんが、税金を払っているにも関わらず、ごみ収集に毎月$24.07(約2527円)払わされています。

リサイクルで出して良い物は、説明のパンフレットによると"紙、カン類、ガラス、プラスティック"。去年引っ越してきた当時、ゴミ出しについて分からない事があったので、電話で問い合わせをしました。ついでに紙の定義を訊ねたところ、"Well, papers, you know? Oh, except pizza box. That's no good because the box is contaminated by grease."(あのさー、紙って言ったら紙よ。あ、ピザの宅配の箱はダメよ。あれはピザの油で汚染されちゃっているからね)だそうで、紙ならば何でもOKだと分りました。ついでに引越しで使用したダンボールの捨て方についても聞いてみたところ、ダンボールはつぶしてゴミ箱に入るだけの量を捨てるようにとの事。ゴミ箱からはみ出たらゴミの収集はされないともキツク言われました。いくら小柄な大人が1人、いや2人は余裕で入りそうなゴミ箱でも(幅76.2cm X 高110.49cm X 奥71.12cm)、つぶして量が増えたダンボールは一度に100個も200個も入りきりません。そこで私はダンボールセンター(仮名)まで持って行く事に決めました。これは去年の話ですが、写真があったので紹介する事にします。(まるで地球お助け隊に入る事が分っていたかのようですねぇ???)

b0058765_10473519.jpg
普通の乗用車に積めるだけのダンボールおよび梱包用の紙を詰め込みました。運転してもルームミラーでは車体後部が確認出来ません。フリーウェイを走る時に後部が見えないなんて!リサイクル、命をかけさせていただきますっ!ちなみにこれは一人でした作業。引越しは主婦にとって重労働なのです。

b0058765_10475138.jpg
地図を頼りに車を運転して行くと、ありましたー!ダンボールセンター!(やっぱり仮名)

b0058765_1048725.jpg
工業用はこんなコンテナで運んで来るのですね。ガガガガガァ~と、ものすごい音で、ダンボールが吐き出されます。

b0058765_10481926.jpg
♪働くおじさん、働くおじさん、こんにちはぁ~♪と歌いたくなりました。我が家のダンボールはこれに比べたら少ない物ですが、引き取っていただければ嬉しいのです。ちなみに1トン以上持ち込むとお金がもらえますが、そんなにありませんでした。

b0058765_10483952.jpg
Jose(ホセ)おじさん(実名)が、車からダンボールを出すのを手伝ってくれました。ありがとう~!結局私はこのダンボールセンターに合計3回足を運びました。

ゴミ箱に入りきらないゴミを引き取ってくれないのには訳があるのです。
[PR]
by ConnieWest | 2005-03-14 10:41 | Save The Earth
Save The Earth
anuenuefactoryのビスケさんが"地球お助け隊"を結成しました。これは、みんなでコスプレして日曜日にデパートの屋上でショーをするのではなく、(あ、分かってた?想像した人→スイマセン)自分に出来ることからをコンセプトに地球を助けるグループです。会員番号1番のビスケさん曰く"普段の生活に支障をきたさない程度で、地球を救っていきましょう"と言う事なので、会員の私は何が出来るか考えてみました。

b0058765_9481367.jpg
アメリカはリサイクルの先進国ってイメージがあるかと思いますが、これは各自治体によってかなり違います。私の住んでいる地域ではリサイクルをしていますが、日本のように細分化されておらず、"とりあえずやってる"って言う印象です。だからと言って、リサイクルしないで良いわけではありません。しばらく図書館バックになっていた、お買い物用のマイバックを持って出かけるようにしたいと思います。ちなみに、これは独身時代から使っていたんだよ。

b0058765_9492059.jpg
私は学校に行っているので、お弁当は"Save the Earth"バックで持って行っています。良く考えたら、これも独身の時から持っています。な~んだ、私って地球にやさしかったじゃん。

b0058765_949462.jpg
出かける時はコーヒーをサーモスのマグに入れて出かけるようにします。これで紙コップを使わないですみますもんね。

地球お助け隊は、メンバーを募集しています。詳しくはこちらへどうぞ。

ちなみにSave The Earth Lunch Bagの由来はね.....
[PR]
by ConnieWest | 2005-02-17 09:44 | Save The Earth
リサイクル
b0058765_4522151.jpg
私の住んでいる地区のゴミ処理は大きく分けて、一般ゴミ、リサイクル、庭などで出る木や葉っぱのゴミの三種類に分かれていて、月に$24.07(約2500円)払わされている。

ところが最近スーパーなどの後ろに、リサイクル品を持って行くとお金がもらえる場所が存在している事に気がついた。お金を出してリサイクルしていたけど、リサイクルしてお金がもらえるんだったら、そっちの方が断然お得。リサイクル品を貯めに貯めて、リサイクルセンターに持って行く事にした。
b0058765_4524596.jpg
リサイクルセンターとは名ばかりの掘っ立て小屋に車を横付けすると、係りのおじさんは私の事をチラリと見て、お客さんが来た事を認識する。認識するけど、おじさんは座ったまま。挨拶も私から"Hi"って言わないとしてくれない。おじさんは私がリサイクル品を車のトランクから出して(これが重いのよ)、アイテムごとに分別するのを相変わらずイスに座って、じーっと見て待っている。全ての作業が終わってから、おじさんはヨッコイショと立ち上がり、ノロリ、ノロリとそれぞれの重さを量って、換金レシートを発行してくれる。

もし日本にこう言う所があったら、イメージ的にリタイヤしたおじさんが働いていて、お客さんが来た瞬間に席を立ち、荷物の分別もやってくれるはずなのにって考えていたら、遠くの方からペットボトルやアルミ缶を拾って生活していますって感じの人が、商売道具のショッピングカートをゴロゴロ押してやって来た。そっかーリサイクルセンターは、そう言う人たちも支えているのね。と新しい事も学んだ。
b0058765_4525972.jpg
ゆっくりと時間をかけて発行してもらった本日のレシート金額は$6.94(約700円)。私はこれでビールを買って、またリサイクルに協力する事にしよう。

トラックバック
CA州のペットボトルリサイクル



[PR]
by ConnieWest | 2004-12-01 04:51 | Save The Earth