Top

July 2011
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Touche'
b0058765_4125377.jpg

我が家の息子は15歳。日本だったら中学3年生なのだけれど、カリフォルニアでは高校2年生。この辺りの高校は4年制なので、そのせいか彼は考え方が大人っぽくて、辛口で、だけど実はとても甘えん坊(と言うか面倒くさがりや)。

その彼の英語の授業でピューリッツァー賞を取った作品を読んで、それについて論文を書かされるようで、図書館からいくつか本を借りてきて、とりあえず三冊同時進行で読んでいる(もちろん後で一冊に絞るらしい)。

関係ないけれど、我が家は子供たちが小さい頃から、毎週土曜日は家族で図書館に行っているので(今でもそれは続いている)、子供達は本を読むのが苦にならないような印象を受ける。

その息子、さっきも書いたけれど、彼はとても辛口。ジョークのツボもちょっと私とは違って、一緒に映画を見ても彼が声を出して笑うシーンは私と異なる。

その彼がこの間学校から帰ってきて"今日、学校で面白いことがあったんだよ"と教えてくれた。ちなみに彼が自分から、そう切り出すことはあまりないので(反対に娘は聞いていないのに、イロイロ教えてくれる)、"え?何々?"と聞いてみた。

何の授業だったかちょっと忘れてしまったけれど、学校では授業の前と後にベルがなるのだけれど、日本のような♪キーンコーンカーンコーン♪ではなく、これに近いブザーのような単調な音が鳴る。

アメリカでは(と言うか私の知る限り)学校のベルが鳴ると、先生が話していようが、何かしていようが、それが終了の合図となって、生徒達は身の回りのものを片付け始め、教室を出て行ってしまう。ちなみに私の通うカレッジでは、ベルは鳴らないのだけれど(クラスによって長さが違うから)終わりの時間が近づくと先生が話していても、生徒達が本やらノートやらをかばんにしまい始めるので、アッチから、コッチから、ガサゴソ、ガサゴソ聞こえてくる。先生もそれが当たり前だと思っているのか、"あ、もう終わりですね、ではまた来週"と終わりにする先生もいれば、時々"ちょっと待った"をかける先生もいる。でもって、日本だったら絶対失礼に当たると私はいつも思うし、帰り支度をしたかったら、静かにやるべきだと思っている。

息子の話に戻すと、終業のブザーが鳴った時に、クラスメイトの男の子がその音に似せたような音を出したらしい。すると先生が"マイケル、君が出した音は完璧だったね。少しずれていることを除けば"と言うと、マイケル君は、即座に"ありがとうございます。先生の耳は完璧なんですね。少しずれていることを除けば"と言って、振り向かずもしないで、教室を後にしたらしい。

それを見ていた息子は、"先生はマイケルに刀ですっぱり切られたみたいだったよ。見ていて気持ち良かった。"と、言っていた。

っつーか、そんな事先生に言って良いの?と言うのが私の質問だったりする。
[PR]
by ConnieWest | 2010-01-26 04:53 | American Kids
Obento
b0058765_10562012.jpg

オハイオからカリフォルニアに引っ越して来て今年で7年目に突入しました。カリフォルニアに来てから変わった事は、夫と子供達のランチを毎日作らなければいけなくなった事。でも、ま、ランチと言っても、夫にはサンドイッチを作っています。毎日、毎日、サンドイッチで飽きないかと思うので、パンやら具を工夫してバリエーションを変えていますが、お昼休みに会社にある卓球ルームで中国人の同僚と卓球をやるためにはパパパッと食べられるサンドイッチが良いらしいのです。

我が家の子供達は基本的に日本のお弁当(ごはんとおかず)を持って行っています。と、言っても日本で大活躍のお弁当用の冷凍食品が私の住んでいる地域では手に入らないので、日本食を作った翌日は必然的にお弁当を持って行き、残り物がない時は夫と同じサンドイッチを持って行っています。

そして本当にびっくりなのですが、子供達の高校では授業中にランチを含む食べ物を食べて良いらしいのです。と言っても食べる事を許可している先生と、許可していない先生がいるらしいので、臨機応変に許可のある時間に食べているらしいです。私なんて高校の時の休み時間に早弁をして、それが匂いでばれて廊下に立たされましたけれど(苦笑)。

そんな日本の"ちゃんとした"お行儀ウンヌンよりも、アメリカでは授業中にお腹をすかせた生徒の集中力が欠ける方が問題だと扱っていて、全くもって実用的な考えである事は確かです。子供たちの学校に行ってクラスのお手伝いをする時があるのですが、ある日生徒の一人がみかん(オレンジではなく、日本のみかん)の皮をむいて(ちなみにナイフは使っていませんでした)一房ごとパクパク食べながらディスカッションをしている姿を見て不思議な気持ちになった事があります。

それでですね、息子がお弁当を食べて良い授業の時間に、お弁当箱をパカッと開けると前の席に座っているキミーちゃんと言う友達がその音と匂いに気がついて、いつも後ろを振り返り、"ちょっとちょうだい"と言って毎回味見をするそうなのです。何かの時にそのキミーちゃんに会った時に"あなたのお弁当は本当においしいです。まるでキッチンの神様かと思うくらいですよ"と言ってくれたので、私の目は当たり前にハートになり、キミーちゃんに"私の(適当な)お弁当で良ければ今度あなたにも作りますよ"と言うと、"お手間はかけさせたくないですが、それはうれしいです"と彼女は言いました。

と言うことで、ある日私はキミーちゃんにもお弁当を用意しました。

b0058765_10562953.jpg

キミーちゃんは日本語の授業を取っているらしいので、お弁当にかんたんな日本語でお手紙をつけて子供たちに渡してもらい、お弁当箱は終わったら子供たちに渡してくれれば良いからと伝えてもらいましたが、キミーちゃんは、翌日洗ったお弁当箱とそれをつつんだハンカチまで洗い、そして"ママへ"で始まるお手紙を書いてくれました。(私はなぜか子供たちのお友達から、Mamaと呼ばれている)

b0058765_10563833.jpg

キミーちゃんの一生懸命書いたと分かるお手紙と、心のこもったブレスレットをもらって、なんだか、とーってもうれしくなったのでした。
[PR]
by ConnieWest | 2010-01-23 11:57 | Life in California
@ 2:32 am
ただいま午前2時半。ちょっと夜更かししすぎちゃったかな。6時に起きてみんなのお弁当を作るから、3時間ちょっとしかないぞぉぉぉぉ。
[PR]
by ConnieWest | 2010-01-22 19:35 | Tweet
Moms' Night Out
b0058765_17322340.jpg

どう?集まろうか。うん。

ってな訳で、女友達3人で食事に出かけることに。

ナンシーが気を利かせて"Mom's Night Off"
(ママは今晩お休みです←だからお風呂に入ってゆっくりします)と
言うネーミングの入浴剤をプレゼントしてくれた。


b0058765_17325028.jpg


まずはレストランのバーで席が空くまで時間をつぶす。


b0058765_416273.jpg

良い女は自分が何が飲みたいか良く分かっていてカッコいい。
マリィはOld Fashionedと言うバーボンのカクテルを頼み、
ナンシーはGin & TonicをTanquerayで、ライムは2つねと注文する。
私はドライなシャルドネをグラスでいただくわと言うのがせいぜい。


b0058765_17324186.jpg

この日は3コースメニューを3人で仲良く分け合いっこする事に。


b0058765_17584381.jpg

個人的にはJulie and Juliaに出て来たみたいな
ブルスゲッタがものすごく欲しかったのだけれど。

Bruschetta
Grilled bread rubbed with garlic, wild mushrooms,
crescenza cheese, white truffle oil


b0058765_1733830.jpg

トスカーナ風の豆スープ

Ribolitta
Tuscan vegetable and bread soup
with California Olive Ranch olio nuevo


b0058765_1733172.jpg

エンダイブとシトラスのサラダ

Endive and citrus salad
Mandarins, blood oranges, shaved fennel, Marcona almonds


b0058765_17332513.jpg

パスタのボロネ-ゼソース
このソースはトマトソースが控えめなラグーでした。
ボロネーゼはこってりで苦手だと思っていましたが
こう言うのだったら好きかもと、ちょっと発見。

アメリカ人のナンシーとマリィはボロネーゼに
ポークが入っているのは許せないって言っていたのですが、
私は意外とさっぱりした味になって良いのではと思ったのでした。

Pasta al Bolognese
Hand cut Pasta, Ragu of Niman Ranch beef, pork,
and porcini mushrooms, Parmigiano Reggiano


b0058765_17333573.jpg

ポークのローストにはYukonポテトと呼ばれるバターっぽい、
こってり味のポテトを使ったマッシュポテトが付いていました。
このポテトはクリーム色(ゴールドだと言う人もいる)をしていて、
私は個人的にこのポテトが好きだったりします。

Wood roasted Niman Ranch pork
garlic, sage, and fennel rub, chard,
mashed potatoes, quince mostarda


b0058765_17334383.jpg

グリルされたメカジキに
これまたグリルされたフェンネルとロメインレタスがついていました。

ナンシーとマリィはこれが気に入ったと言っていたのですが
私には、この魚はちょっと生臭い味がして、
それを隠そうとして塩加減が強かったような印象です。

Grilled swordfish
caramelized fennel, grilled romaine,
picholine olive and orange vinaigrette


b0058765_17335167.jpg

フォンダンショコラみたいに、
中が暖かいチョコレートケーキのバニラジェラート添え

Warm chocolate-hazelnut cake
Vanilla bean gelato


b0058765_1734034.jpg

メイヤーレモンのセミフレッド
さっぱりして軽くて、口当たりが良かったです。
これは一度作ってみたくなりました。

Meyer lemon semifreddo
Amaretti crumbs, lemon cream


b0058765_17341868.jpg

チョコレートチップス入りの
リコッタチーズのフリッター(ドーナツ)

アメリカンな二人はこれにとても喜んでいた。
私的にはWhy?みたいな(笑)。

Ricotta fritters
bittersweet chocolate chips, orange blossom honey


b0058765_17342696.jpg

この日はお互いのアレコレを報告し合って
時にはウルウルとみんなで涙を流す瞬間もありました。

この日のお店は満席で、いささかやかましいほどだったのですが
静かだなと気が付いたら、私たちが最後のお客さんでした。

[PR]
by ConnieWest | 2010-01-18 18:47 | Life in California
Uncluttered Life
b0058765_8583147.jpg

私は物を捨てられないタイプで"とりあえず取っておこう"とか、"いつか使える"とか、"いつかまた着られる様になる"とか、そんな考えに執着させられて過ごして来た訳ですが、年末から覚悟を決めて家の片づけを始めました。

最初は、これはいつどこで買った物だとか、大切な時に使おうと思っていた物だとか、そんな物が出てくると処分しきれず悲しい気持ちでいっぱいになったのですが、いくつか箱を用意して、仕分けする、捨てる、寄付する、保留中、等に分別する所から始めました。

すると毎日の生活の中でイロイロと整理整頓してあるつもりでも、中途半端になっている物が沢山見つかりました。そしてA+B=AとBではなく、A+B=Aを処分してBをキープしておこうかと思えるようになって来たのです。

作業を進めるうちでうれしいサプライズは、子供達からもらったお手紙を見つけること。"デートけん"、"かたたたきけん"、"なんでもけん"は娘が幼稚園ぐらいの時に書いてくれた物。そして"Free Hug Coupon"(ただでムギューします券)、"Free Kiss Coupon"は字から見て娘が小学生の時に書いたもの。

この"なんでもけん"を使って娘に彼女の部屋を一日で片付けて欲しいとお願いしたら、この券が有効でないと指摘されないかどうかは謎だけれど。

b0058765_8585023.jpg

子供達の学校で作った作品などは、それぞれのフォルダーなどにキープしてあるのですが、これは昔の仕事関係で使っていた中身を処分して空になったまま保管していたファイルケースから見つかった娘からのお手紙。きっと大きな仕事の後に(と言うことは、子供達のことを結構ほったらかしにしていた可能性大)もらったのだと思うのですが、こう言う子供達の優しい気持ちに支えられていたんだなと、ホロリ。

b0058765_859015.jpg

息子が4才の時に描いてくれた私の絵も出てきました。と言う事は11年前のお絵かきなので、それが所定の場所にないと言う事自体が問題なのです。

自分で自分を苦しめて、片づけがやりたくなくならないように、ある程度ゆるいお約束を自分で作って作業を進めています。最近ではお気に入りだけれど、所定の位置に置くとごちゃごちゃして見えるから処分してしまおうかなと、今までだったら絶対に思わないような考えまでも浮かぶようになって来ました。私にとってはすごい進歩です。

でも本当は、アレコレ考えないで、パッパと物が捨てられるようになって、物を増やさないようにできるようになる事なのですけれど。これには練習が必要です。

この一連の片付け作業は暮らしのダイエットだと考えて、少しスマートに暮らせるように、圧倒されない程度に穏やかな心を持ちつつ、もう少し作業を続けて行きたいと考えて今日も少しがんばっています。
[PR]
by ConnieWest | 2010-01-14 10:03 | Life in California
Sisters' Night Out
b0058765_5492977.jpg

ヒックスが飛ぶように"こんにちは~"と、えたちゃんの家に遊びに来て
"じゃ、またね~"と言って、これまた飛ぶようにドアから出て行った。

女性がニューヨークで仕事をするのはきっと大変な事だと思う。

がんばれ、ヒックス!


b0058765_5493987.jpg

この日の夜、私はお泊りお一人さまだったので、
えたちゃんと最近出来たばかりの、焼き鳥屋へ
シスターズで行く事に。

ところが開店ちょっと前に着いてしまったので、
近くのお店でシャンペンとオイスターで
時間つぶしをする事に。


b0058765_5494992.jpg

その後、焼き鳥屋さんへ出かける。

店内の席はいーっぱいあいているのに、
それらは後で来るための予約のお客さま用にキープしてあるからと、
壁に向って座る二人がけのカウンター席へ通してもらう。

それも予約のお客さまが来るまでの1時間半の時間制限つきで。


b0058765_55085.jpg

愛知県人ですからね、いただかなくてはいけません。
名古屋風手羽先唐揚。


b0058765_549581.jpg

しばらくすると予約のお客さまたちがドンドンやって来て、
壁に向って並んで座るカウンター席の私達は
ちょっぴり置いてけぼりムードになり、
注文した豚バラ辛味噌が半生だったので
替えをおねがいしたら、豚バラが来るし。

で、当たり前にテンションが下がるし、
時間制限だから、ゲームオーバーだし。


b0058765_550194.jpg

仕方がないから、えたちゃんの知り合いのお店に行く事に。

とーこーろーが、そこも満員だったので、
近くのお店で生ジャスを聴いて
ワインを飲んで時間つぶしをすることに。


b0058765_5503050.jpg

どれくらい待ったかな。
お店から"空いたよ~"と電話をもらって出かけ、
やーっと落ち着いて座れました。

日本酒飲んで、おにぎり食べて、
最後はほっこりしました。

めでたし、めでたし。

[PR]
by ConnieWest | 2010-01-09 01:42 | Life in California
Breakfast @ Eta chan
b0058765_5451951.jpg

New Yorkに引っ越したヒックスえたちゃんの家に遊びに来ると言うので、しばらく前にお一人さまお泊りモードでベイエリアまで出かけてきました。

彼女はえたちゃんに"日本の朝ごはんが食べたい~"とリクエストを出し、えたちゃんはそれに答えるべく、アサリのお味噌汁、納豆、焼きホッケ、ひじきの煮物、そしてえたちゃん曰く"日本のサラダってコーンが入ってない?"って事で、コーン入りサラダでお客様をお迎えしました。

確かに日本で出る洋食ではコーンがサラダに入っている事が多いし、添え物として出る事も多いのですが、私が体験した限り、アメリカでサラダにコーンは使われないのが主流な気がします。ちなみにピザにも殆ど入ってないです。多分日本の洋食シェフがコーン=アメリカ=洋食と定義づけたのではないかと思うのですけど。えぇ、私の勝手な想像ですが。

ヒックスはお昼ごはんの時間に登場し、彼女と初めてご対面するべビエタも笑顔でお出迎えしました。

b0058765_5452947.jpg

ヒックスが持ってきてくれたチーズケーキと私が食べたくて買ったティラミスケーキをデザートにしました。ヒックスはベイエリアでの短い滞在時間をより有効に過ごすために、お昼に食べる日本の朝ごはんを食べたら、次の友達のアポへと急いで出かけて行きました。

私はこの後、えたちゃんとお出かけしたのですが、その話は次に。
[PR]
by ConnieWest | 2010-01-06 09:02 | Life in California
Happy New Year 2010
b0058765_8561688.jpg

あけまして、おめでとうございます。
今年もみなさまにとって、より良い年になりますように。

父からの年賀状が届きました。それにはこう書いてあります。

"にひとしをことほぎまつる"
新年の言葉(による祝福)を申し上げます。

父からのパーソナルメッセージ
"新しい年になりました。今年も又頑張りましょう。"

そして母からも
"皆さん健康で一年が過ごせますようにと願っています。"
と書いてありました。

こうした両親からの言葉は私の心に大きく響きます。

今年はビックサプライズもありました。それは祖母、重ちゃからの年賀状。


b0058765_91634.jpg


重ちゃは、大正生まれで、昭和をビジネスウーマンとして駆け抜けた強い女性です。彼女の書く文章は、大正時代のエッセンスが入っていて、岡本かの子のような文面なので、私はとても趣があると思っています。子供のころは、"~しませう"と書いてあるのに対して、間違いを指摘した事もありましたが(汗)。

そして、重ちゃの生まれ育った地区では、~ちゃん、と言うのを何故か、ちゃ、で止めるのです。私がティーンエイジャーの時に、彼女を訪ねてきた、どう見てもおじいさんの弟と、重ちゃ、たーちゃ、と呼んでいるのを聞いて、とてもかわいいと思い、それから、おばあちゃんと言う言い方を改め、重ちゃと呼ぶようになりました。

私はアメリカに住んで家庭を持って、子育てをしている訳ですが、こうして両親や祖母から手紙をもらう事によって、娘だったり、孫の立場に戻る事が出来ます。それによって、偏っていた愛情のバランスが保てるような、そんな気がします。そして、それが感じられると言う事は、かけがえのない幸せなのだと感謝の気持でいっぱいになります。

お父さん、お母さん、そして、重ちゃ、どうもありがとうございます。
みんながいてくれる事が私の幸せです。

[PR]
by ConnieWest | 2010-01-03 09:17 | Life in California