Top

July 2011
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Saying "Thank You"
b0058765_921056.jpg

友達に借りていた物があるので、そろそろ返さなくっちゃと思っていた頃に、たまたまスターバックスに行ったら、レジの所にギフトカードが置いてあって、あぁ、そうそう、これで良いぢゃんかと気がついたので、(店舗の戦略にまんまと乗せられた訳ですが)、ギフトカードを買う事にしました。

そしたら、"ギフトカードを入れる封筒が切れてるの。Sorry"と言うので、"えぇぇぇ~"ギフトカードを生で渡すのはショボイと思って(自分の封筒を使えば良いのだれど)、"じゃあ、コールドドリンクのカップちょうだい。それにカードを入れるから"と提案してみたら、"あら、それはGood ideaね"とレジのお姉さんが言って、"じゃ、コーヒービーンズも入れちゃう?"と今度はお姉さんから提案してくれました。

コールドドリンクのカップにコーヒー豆を入れたは良いけれど、ちょっと何かが中途半端だったので、スターバックスの薄紙をお姉さんにリクエストして、それをクシャリと丸めてカップの一番下に入れ、丸見えの上げ底にして、その上にコーヒー豆とギフトカードを入れてみたら、なんだかとってもかわいくて、オサレになりました。

そのクリエイティブな出来栄えにレジのお姉さんは、とても悦に入っていたように見えたのですが、何か足りないなぁ~と思って、"そうそう、グリーンのストローちょうだい"と頼んでみた所、お姉さんの顔がパァ~と明るくなり"That's great!"(良いじゃん)と二人でニッコリ。

と言うわけで、明日ギフトカードは借りていた物と一緒に友達の所に行くのでありました。










___________________________________________________________________
[PR]
by ConnieWest | 2011-01-27 09:42 | Life in California
Greetings for the new year.
b0058765_6394275.jpg

2011年初のご挨拶です。(I know, I know it's almost the middle of January already) すっかりタイミングを逃してしまい、申し訳ありませんでした。今年もどうぞよろしくお願いいたします。(日本人だから、ランダムにブログ始めるよりも、やっぱり、ちょっとご挨拶したいのよ~)

12月はナントカなる年と、ナントカならない年の2つのパターンがありまして、2010年の12月は結果的にナントカなりましたが、イロイロがナントカならない年でした。そのせいで、クリスマス/年賀状に着手する時間が出来ずに失礼をしてしまいました。親類縁者友人のみなさま、ごめんなさい。

が、が、ですよ、そのナントカするのをやめて、期末テストに情熱を燃やし、ものすごぉぉぉぉぉ~くがんばったので、その結果が自分でもビックリするくらい、ものすごぉぉぉぉぉ~く良かったのです。1つのテストの結果はすぐ分ったのですが、もう1つのペーパーの成績自体は1月2日まで分らなかったので、あれ?ペーパー提出したよね?とか心配になったくらいです。

そもそも、その提出方法と言うのが、教授のデジタルメールボックスにデータをアップロードするのですが、データは一度しかアップロードできない方法に設定されているのです。デジタルワールドは送ったはずのメールが送られてなかったり、何かとトラブルが起きて欲しくない時に起きるような気がして、本当に提出できたのか?とか、教授の考えと違っていたのか?とか、などと毎日心配だったんです。

ちなみにそのデジタルボックスにデータを提出すると、デジタルレシートが確かにデータを受け取ったとメールに自動的に送られてくるにも拘らずです。.....えぇ、実はとっても心配性なんです。

人生30年プラス生きてきて(サバ読みすぎか?)、今更言うのも何なんですが、私は結構センシティブだったりします。なので、そのせいで、リラックスすれば良い状態の時でも、何かネガティブな方向に考えたりして自分で自分の首を絞めているタイプなのです。で、そんなタイプなんですけど、それではいけないと分っているので、ポジティブに考えるようにして、そっちの方向に持って行く努力をしています。

だから引き寄せの法則とかポジティブシンキングとか、もう本当に心から信じていて、実行しています。だってポジティブはネガティブよりも絶対に良いのですから。

アメリカにイロコイ族と言うネイティブインデアンの族があるそうです。その族長になる規定というのがあるそうで、その中で"皮膚の厚さが広げた手のひら(親指から小指の幅)7つ分必要だ"とされているんだそうです(魂の民主主義より)。

それを読んだ時に実際に自分の手を広げてみて、親指から小指の幅を確認して、その7倍がどれくらい自分の体を守ってくれるバリアになるのか考えてみました。

それは"大きく前に習え"をした時の2.5倍ほどの距離なのです。そして、それが体を360度守ってくれていると考えると、外からのネガティブな害気などはそう簡単に進入してこないのが良く分ります。

まぁ族長ではないので、"大きく前に習え"位の幅が自分の体全体を守ってくれていると考えれば良い訳です。

そんな訳で今年はこの自分のバリアを強化して、どんなネガティブな事でも体に浸透してこないように打ち返して生きる事と、どんな形の愛でも感謝して受け入れて、そして私からも愛を放つ、美しい人になりたいと思います。

b0058765_6395927.jpg

こちらは父からの年賀状です。今年もみなさまのお幸せをお祈りしています。気ままなブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします(ペコり)。










___________________________________________________________________
[PR]
by ConnieWest | 2011-01-18 05:27 | Daddy's Postcard