Top

July 2011
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
手の除菌用ジェル
b0058765_6434674.jpg

日本で新型インフルエンザが勃発して、不綿織サージカルマスクが瞬く間に売れ切れ、その次の販売時には長蛇の列が出るほどだったとインターネットニュースで読んだ記憶があります。

カリフォルニアの私が住んでいる地域では、マスクをつけてインフルエンザの予防している人を一人も見た事がありません。その代わりハンドサニタイザー、手の除菌用のジェルを使う人を頻繁に見かけます。

私もこのタイプの除菌用のジェルをバックと車と家に常備していて、気をつけて使うようにしています。私の通う学校や、銀行などでも見かけるようになりました。スーパーマーケットではショッピングカートが置かれている場所に、使い捨ての除菌シートが準備されているので、それでショッピングカートを拭いてから使うようにしています。

この除菌ジェルは99.9%の除菌率だそうですが、アルコールが主な原料となっているため(約60%)、小さい子供のいる学校などでは、子供達が間違って除菌ジェルを飲み込んだりすると、急性アルコール中毒を起こる危険性があると、その導入が懸念されているそうです。

聞いたところによると、このジェルにはウィスキーと同じくらいのアルコール度数が含まれているそうで、幼稚園児が3プッシュ以上の除菌ジェルを間違って飲んでしまった場合は死に至るほどの危険性があるそうです。

また、小さい子供でなくても、この除菌ジェルが手に付いたまま学校の化学の実験などをした場合、発火の危険性もあると言われています。

子供達の通う高校では、特に何もお達しがないので、我が家の子供達にジェルを渡してありますが、それは母親の自己満足レベルだけであって、多分新品のまま使われることもなく、カバンに入れっぱなしにされているような気がします。
[PR]
by ConnieWest | 2009-10-10 00:57 | Life in America
<< Happy 17th Birt... アメリカの高校サッカー >>