Top

July 2011
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
Raising a Boy #2
b0058765_3262.jpg

あれはいつだったかな。







多分息子が幼稚園だったか、小学校1年生ぐらいの時だったかな。

彼と毎日家から4~5軒先の角にあるスクールバスのバス停まで一緒に手をつないで歩いて通ったっけ。

ところがある日、毎日してるみたいに息子と手をつないだ瞬間、彼の手は弧を描いて手が私の手から離れて行った。

息子は反対の手に持っていた物を持ち替えるために手を離したという感じではなく、また私の手が彼に払われた訳でもなく、彼の手は静かに、そして確実に私の手から距離がおかれた。

それは突然、無言で別れを告げられたみたいに、息子は自らの意思で私と手をつなぐ事をやめた。

私は今でもその時の事を覚えている。

私は突然の、それも無言の卒業宣言に何が起きたか理解しようとしたと同時に、えっ?っと思って立ち止まったかもしれない。

息子はそんな私の気持ちにも気が付かないで、とっとこ、とっとこ、と歩いて行った。

いつも息子とつないでいた私の片手は、持って行き場所をなくして無造作にその身をポケットに隠したに違いない。

私は平然さを装って、そのまま息子と平行してバス停まで歩いて行ったと思う。

それも、とぼとぼと。

私と息子はその日を境に一緒に手をつないで歩く事がなくなった。

それから息子は、ちょっとずつ、ちょっとずつ、ちょっとずつ、大きくなって、先日14歳になった。

少し前から声変わりをして、私よりも背が高くなった。

肉体的な変化だけではなくて、彼の行動も変わってきた。

息子は私が何を話しても、まずは"うん"か"ううん"か"しらない"、または"Yup"か"Nope"か"Maybe"と答えて、会話を最小限で終わらせようとする。

そうする事によって、彼が勝手に加入した"会話を最小限で済ませましょうクラブ"のポイントカードがいっぱいになって幸せになれるのか?と聞きたくなるくらい。

それに比べて、彼よりも2歳年上の娘は、学校から帰ってきて"ただいま~"と言うなり、"OMG!"(オーマイガー!)あのね、なんとかがね、かんとかとね、なになにして、そしたら、なんちゃらが、かんちゃらと、あーだこーだで、こーなってぇ~、そしたらね......と、それは事細かく説明してくれる。

それによって私は彼女のエブリディ ライフが理解できて、それに対して、じゃあ、こうこうしたら?とか、じゃあどうして、そうなっちゃったの?とか聞いて、私と娘の母娘の関係は、そこからさらに深いところに進んでいる。

とーこーろーがー、

最近の息子と私の日常生活は、最小限の会話しかなされていないので、息子と私の関係のスペクトラムが娘の場合と比べて反対方向に拡散されているようにさえ感じている。

それに彼は"どんな神さまの存在も一切信じないし、そんなものは何もないし、宗教があるから世の中が平和になれない"とか言っちゃって、ちょっと小生意気な事を言ったりし始めた。

息子の名誉のために言っておくと、彼は決してプリプリしたり、イライラしている訳ではなく、台所仕事を手伝ってくれたり、一緒に買い物に行ったりした場合は自ら進んで荷物を持ったりしてくれるし、お店なんかに行くと入り口のドアを持ってレディファーストしてくれる。

最近の息子の様子をえたちゃんに愚痴ると、"コニーちゃん、彼はもう男になりつつあるんだから。"と私が気が付かない視点で息子の事を見守ってくれている妹は私を元気付けてくれる。

そっか、息子は"男"になりつつあるんだ。

まだ14歳だから、子供だと思っていたけれど。

男か。

私の子育てもアップグレードしなくてはいけない時期になったのかと、本や、ウェブサイト、または先輩ママに聞いてイロイロ調べてみた。

この時期の男の子は成長に伴い、テストステロンの値が急上昇するせいで、年齢やら経歴にふさわしくないような事を得意げに言ったり、行動したりするのは当たり前だと分かった。

私は女だから、男の子の事は良く分からない。

だけど答えが分からないと、状況を放棄するのではなく、息子を色々な角度から見て、その都度サポートするのが一番良いのではないかなと言う結果に落ち着いている。

なにせ、肉体的だけでなく、精神的にも急成長する時期なので、もしかしたら彼自身が自分の気が付かない範囲で一番戸惑っているかもしれないし。

それに、息子の事を一番理解できる母親は私しかいないなのだから。

b0058765_321682.jpg

今年の彼の誕生日会は、3年続けて"Water Gun Fight"(2年前の水鉄砲ファイト←去年のは載せてないみたい)。



b0058765_322741.jpg

息子は友達と水鉄砲でビショビショになるまで飛び跳ねて遊んでいる。
[PR]
by ConnieWest | 2007-07-02 02:24 | American Kids
<< Daddy's Pos... サンフランシスコ #2 >>