Top

July 2011
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
カテゴリ:American Kids( 64 )
中世のお城作り 息子編 その3
b0058765_115542.jpg

中世のお城作り 息子編 その2の続き。


中世のお城作り 息子編 その3
[PR]
by ConnieWest | 2007-06-05 09:42 | American Kids
中世のお城作り 息子編 その2
b0058765_243935.jpg

中世のお城作り 息子編 その1の続き。


中世のお城作り 息子編 その2
[PR]
by ConnieWest | 2007-06-02 09:43 | American Kids
中世のお城作り 息子編 その1
b0058765_1531432.jpg

去年、娘が中世のお城作りをしたのをブログで紹介しましたが(予告その1予告その2中世のお城作りその1中世のお城作りその2中世のお城作りその3)、一年経って、一学年下の息子の番がやって来ました(関係ないけれど、日本だったら我が家の子供達は二学年違う)

中世のお城作り 息子編 その1
[PR]
by ConnieWest | 2007-06-01 03:13 | American Kids
キャー!!!!!!!
b0058765_338180.jpg

8年生の娘の英語の授業では、シェークスピアのロミオとジュリエットを読んでいる。

シェークスピアの英語
[PR]
by ConnieWest | 2007-03-10 11:30 | American Kids
ポッキーいかがですか???
b0058765_8574494.jpg

子供達が通っている学校では、ランチタイムにお弁当の他、お菓子を持って行くのは当たり前。と言うか、育ち盛りの年頃なので、お腹がすいて集中力に欠けるくらいならば、休み時間にスナックを食べて、是非お勉強をがんばってくれと、ヘルシースナックを持って来る事を奨励している。

ただし...
[PR]
by ConnieWest | 2007-02-19 18:51 | American Kids
Yosemite Trip

b0058765_11194488.jpg
先日娘がワシントンDCへ旅行へ行って帰ってきたと思ったら、今度は息子がヨセミテに出かけて行った。お願いだから娘と息子の二人を同時に旅行に連れて行ってくれたら、夫と二人っきりになれるのに.....。

と、思っても、子供のいない大人だけの生活は味気ないかもしれないと脳裏をよぎる。

b0058765_9165396.jpg

集合場所に朝6時30分に着いて、息子は友達を見つけて、さっさと彼のダチと一緒になった。私がいる事も忘れて、友達とはしゃいだり、なにか話してゲラゲラ笑って過ごす息子。

そんな彼の様子を遠目で見て(近くにいたけれど)、彼の学校での様子を透明人間になって覗き見した気分になった私。

バスに乗り込む時間になると、透明人間の存在を当たり前に忘れていた息子。

このまま勢いに任せて出かけてもらっては困ると、彼の目の前に行って、せめてHigh Five(ハイファイブ→ハイタッチと同じで、手を高く上げた位置でパチンと合わせる動作)ぐらいしてから出かけてくれよと手を上げ懇願し、しぶしぶと、そしてひょなひょなのエネルギーで手を合わせてくれた息子。

娘だったら、スイートに"Bye"と言って、ハグの一つもしてくれるのにと思いながら、男の子はどうしてこうなんだと苦笑する私。

バスに乗り込んでも、色付ガラスの向こう側の乗客はどこにいるのかも分からず、それでも、ここまでいるんだったら、せめてバスが出るまで見送ろうと、目の合わないガラスを端から端まで見つめる私。

もしかして、"Man, my mom is still here"(げっ、うちのかぁちゃんはまだいるのかよ)と言いながら座席の下にもぐりこんでたかもしれない息子。

"Have fun without us!"(僕らがいない時間を楽しんでね)と引率の先生が元気に言った後、バスはプシューと圧縮空気を漏らしてドアが閉まった。

どこに座ってるんだか、どこに隠れてるのだか分からない息子の姿を割り当てられないまま、バスの色ガラスに向かって、手を振る私。

バスはゆっくりと右へ、左へ軽く揺れ、そして視界から消えて行った。
[PR]
by ConnieWest | 2006-12-05 09:53 | American Kids
ティーンエイジャーの娘
b0058765_3473434.jpg
わが娘、Colleenちゃんは14歳。ipodで音楽を聴きながら宿題をして、ついでにPC画面でミュージックビデオを見ながら友達とチャット出来る正真正銘のティーンエイジャー。

<ティーンエイジャーの娘>の続きを読む
[PR]
by ConnieWest | 2006-11-10 11:41 | American Kids
あっと驚いたサッカー試合
b0058765_621717.jpg

息子のサッカー遠征試合があったので、応援に出かけてきた。遠くからウォーミングアップの様子を見ていると、対戦チームのメンバーが大きいような感じ。アメリカは大きい子供が多いからねぇ、と当たり前に納得していたのだけど、いざ試合が始まったら、背の高さが俄然違う事に気が付いた。

写真左端のジダン(勝手に命名)なんて180センチのコーチよりもでかい。まったく、最近の子供たちは何を食べてそんなに大きくなるんだろうと思っていたら、おしゃべり好きな父兄がやってきて、"知ってる?対戦チームメンバーの2人は、2回落第しているんだよ"と教えてくれた。

(゚∇゚ ;)えっ?

(゚ロ゚;)えっ?

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」えぇぇぇぇぇ?????

息子の学校では部活をするに当たって、成績の5段階評価中、3.5以上に維持するのが決まりになって、シーズンが始まってすでに3人が退部になった。

どうやら対戦校ではその決まりがないのか、落第しても"今年は"しっかりやってるから大丈夫なのかは知らないけれど、良く考えなくても中学生のサッカー試合で、高校生がプレーしているのと同じ事(追記:でもって我が家の息子、日本だったら小学校6年生なんだもん)。

それって、良いのかー?

絶対におかしい(はず)。

って言うか、何とかしろよー!

規則作ってください。規則をぉぉぉぉ!

(ノ_-;)まったく

┐('~`;)┌アメリカに、またやられました。
[PR]
by ConnieWest | 2006-10-06 13:21 | American Kids
最近のこどもたち
b0058765_1122191.jpg

こどもネタが続きますが、忘れないうちに。



まずは娘の話から。
[PR]
by ConnieWest | 2006-09-15 11:21 | American Kids
こどもたちの部活動
b0058765_14553460.jpg

我が家の子供達の通う中学の新学年が始まって1週間。本日いきなり、息子のサッカー部と娘のバレーボール部の対校試合がありました。

あら、今までお子さんの部活動の話は聞かなかったわと言うあなた!それは正解です(笑)。だって子供達が通う学校、今学期から男子サッカー部と女子バレーボール部が出来たんですから。それも一年を通して部活動が行われる訳ではなく、今学期限定。ま、一般的にスポーツの世界は、プロ野球にしても、フットボールにしても、"シーズン"ってのがありますからねぇ。

で、まず、息子のサッカー部なんですけど、私達が日本でフラフラしている時に、入部テストが行われてしまい、新学期開始後、彼は部活に参加する資格を与えられたものの、選抜メンバーに選ばれなかったのでした(って言うかテストさえも受けさせてもらえなかった)。

ところが、息子の日ごろの練習ぶりがキラビヤカだったのか、他選抜メンバーのパフォーマンスがあまりにも悪かったのか、彼は本日めでたくスタメン出場できたので、ま、良いって事にしておきましょう。

b0058765_14555356.jpg

次に女子バレーボール。娘の入部テストは、新学期開始数日前に行われたため、彼女はギリギリセーフで参加する事が出来ました。そして3度に渡る入部テストの後、40人の応募者からメンバーは12人に絞られ、娘は選抜メンバーに選ばれ、本日イキナリ試合が待ち受けていたのでした。

肝心な娘と息子の出来立てのホヤホヤ部活動(パンだったら釜から出して、まだ熱くて形がきちんと形成されてない状態)、数日だけ練習してイキナリ試合ってのもかわいそうでしたが、スコアの数字的では負け試合となってしまいました。それでも、スポーツを通しての愛校心だとか、チームスピリットだとか、スポーツマンシップだとか、そう言ったものを学べるチャンスが子供達に与えられて良かったなと、親として思ったのでした。
[PR]
by ConnieWest | 2006-09-12 23:50 | American Kids